FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6065 ライクキッズネクスト

6065 ライクキッズネクスト

基本情報

6065ライクキッズネクスト基本情報




事業概要

受託保育サービス
企業・病院・大学等が設置する事業所内保育のそれぞれのニーズに合わせた
運営受託により、従業員の方の子育て環境を整備。

病院内の保育施設の受託実績も多いことから、24時間365日、外国語対応等、事業所ごとに異なるニーズに合わせてお子様をお預かりすることが可能です。設置事業者様における、子育て中の従業員様の離職防止・新規採用力の強化をお手伝いしています。

公的保育サービス
保護者・地域社会とのつながりを大切に、必要とされ続ける子育て環境を整備。

直営の認可保育園『にじいろ保育園』をはじめ、指定管理による公立保育園の運営、小学生以下を対象とした学童クラブ等、さまざまな形態の保育施設を運営しています。

(引用:ライクキッズネクストHP)

基本的に保育所運営ですね。

市況

なんと言っても待機児童ですよね。
決算説明資料を見れば、一目瞭然です。

6065ライクキッズネクスト児童数

猛スピードで保育所利用児童数が増えていますが、待機児童が減るどころか増えています。
更にこれから保育無償化が待ち構えています。
競合は多数ありますが、それ以上に市況が良いと考えられます。

6065ライクキッズネクスト設置主体


こちらの資料ですが、特に重要な点が見て取れます。
株式会社の拡大と思われがちですが、それ以上に重要な点があります。
それは、市町村の減少です。
これまで、公設公営で行っていた保育所がどんどん民営(公設民営のパターンもあると思います)に変わって行っているという状況です。
もちろん、地方の保育園で児童が少なく、廃園といった自治体もゼロではないとは思います。

競合

保育所運営なので、全国津々浦々で相当数があると思います。
上場企業で挙げると、

JPホールディングス (2749):26,779 1,303 1,582 910 保育事業:184施設 放課後事業:88施設 従業員5,000人強
ライクキッズネクスト (6065):17,000 200 1,450 890 保育事業:248施設 放課後事業:85施設 従業員4,500人強
グローバルグループ (6189):13,155 407 1,477 791 保育事業:122施設 放課後事業:12施設 従業員3,000人弱
SERIOホールディングス (6567):5,084 61 65 45 保育事業:23施設 放課後事業:129施設 従業員300人

JPホールディングスが業界1位ですね。
業界2位には、株式会社こどもの森という企業があるみたいですが、非上場ですね。
グローバルグループも成長著しいです。従業員数、施設数が大きく違いますね。
また、東京に特化しているというところもあります。
戦略としては、間違いないはずですが、他都市に分散して事業所を持っている方が良いのではと思います。

保育は、参入障壁自体は低い事業ではあると思いますが、口コミであったり利用者の評価が最重要なものです。
まったく新しい土地に新しい企業が地域から認められるレベルまでにそれなりの時間がかかります。
つまり、みかけ以上に参入障壁は高い事業です。

そこにライクキッズネクストの優位性があると思います。

財務分析

6065ライクキッズネクスト売上推移(決算)

6065ライクキッズネクスト利益推移(決算)

6065ライクキッズネクスト利益推移(四半期)

途中、決算期の変更があり比較しにすいですが、売上高は急成長を見せていますね。
利益も順調に伸びています。
施設整備にかかる補助金が経常利益に算入されるようなので、営業利益で見るのが良いですかね。


セグメント推移です。
最初に述べたように、受託保育セグメントと公的保育セグメントがあります。

6065ライクキッズネクストセグメント

受託保育は横ばい。公的保育に力を入れているようですね。
施設数が5年で3倍になっています。
また、学童保育にも力を入れています。
ここもグローバルグループにない特徴です。

株価推移

6065ライクキッズネクストチャート

5年前がピークで、数年下げで、最近また注目を集めています。
グローバルグループが最近調子が良いので、こちらも引っ張られる感じになりそうです。

4年後の予想株価です。


過去6年間(2013-2018年度)の売上高平均増加率は、43.8%
過去6年間(2013-2018年度)の営業益平均増加率は、92.7%
過去6年間(2013-2018年度)の純利益平均増加率は、50.5%
今期(2019年度)の売上高増加率は、15.9%
今期(2019年度)の営業益増加率は、-28.4%
今期(2019年度)の営業益増加率は、-36.6%
過去6年間、上方修正0回・下方修正0回
ただし、最終的な着地は増額することが多いようです。

実績は申し分ないのですが、少し控えめに成長率10%程度、PER15程度としてもこれから2倍程度になりそうです。

6065ライクキッズネクスト成長


応援していただけると幸いです。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント

PR

他ブログ様

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。